中1 松江塾【初代公認】 ママブロガーまぴこの二段階右折

~学年1位の娘を育てるママのゆるふわな毎日~

【閲覧注意】さくらの「好き」を認めてあげたい

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

 

こんにちは。まぴこです。

 

昨夜、蝸牛さんの記事を読みました。

 

読んだ後で「閲覧注意」って

 

「まぴこさんは読まないで」

 

に変換すべきだったかな

 

とちょっと思いました。

 

 

閲覧注意な記事なので、言及はしませんが

 

興味ある方は探して読んでみてください。

 

 

 

蝸牛さんの生い立ち記事を読むと

 

読みながらウルウルして

 

コメント書く頃には泣いてます。

 

 

 

母親に認めてもらえなかった自分が

 

親になって子どもを育てるって

 

結構キツいです。

 

 

 

私の母親は、私の「好き」って気持ちを認めない人でした。

 

洋服やおもちゃを選ぶときも

 

進路を決めるときも。

 

 

 

そんな私が24歳のときに結婚するんですけど

 

その時に凄く仲良かった友達に言われた言葉が

 

今でも忘れられません。

 

 

 

「まぴこは、親ウケ良さそうな人を選ぶよねー。」

 

 

 

別に嫌な意味を持たせて言った言葉ではなくて

 

凄く軽い感じで、会話の中でサラッと言われました。

 

 

なるほどね、ずっと「好き」って気持ちを認めてもらえないと

 

判断基準が自分じゃなくなっちゃうわけね。

 

って思いました。

 

 

確かに、元旦那さんは凄くいい人で

 

学歴とか実家とかもちゃんとしてて

 

音楽の才能までちょっとあったりして

 

母親にとっては自慢のお婿さんだったでしょうね。

 

 

だから、離婚してぱぴこを選ぶって選択をしばらく認めなかったし。

 

 

でもさ、誰の人生なわけ?って思うよね?

 

私の人生だよ。あなたのものじゃない。

 

 

 

 

蝸牛さんはこう書いてた。

 

「子どもが大切に思っている物を尊重したい」

 

って。本当にいいお母さんだ。

 

 

私も、さくらが大切に思っている物を尊重してあげられる親でありたい。

 

 

いつか彼氏とか結婚相手を連れてきたときに

 

どんな相手でも認めてあげられるように(*´▽`*)

 

 

 

なんか、ぱぴこより年上の人を連れてきそうだけど(笑)